自費出版をする前に

自費出版をする前に

自費出版と印税の関係

自費出版と印税の関係 自費出版は作者自身が出版化にあたって全額負担しているので原則として印税は発生しません。
ただし自費出版の売り上げによる出版社の介入で発生するケースもあります。
まず出版社が一般でも販売可能と判断して本の部数を上乗せした場合と 出版した本を増刷する際それを出版社が負担した場合です。
どちらも介入した部分のみに税が発生します。
もし出版社が増版などを負担した場合その部分だけ 発行部数×定価×印税率(3%〜10%) の式でどれくらいの金額なのかを試算することができます。
また一冊めからは税は発生しません。
ただし元々が自費出版なので一般的に 売れる見込みは低いので税が期待できたり 売れる事自体稀なケースとなります。
その一つがその作りが作者自身の満足のための仕様になっている事です。
また売るために作ったとしてもチェックするのが作者自身のみである事も 本自体の質が低く出来上がる率が非常に高くなっています。
なのでよほど著名な人の制作でないと売れる見込みは非常に低い点が挙げられます。

自費出版はどれぐらい儲かる?

自費出版はどれぐらい儲かる? 昨今、電子書籍の活発化や出版社が提供する出版サービスなどの普及によって、プロとしてデビューした作家以外にも自費出版を行う人が増加しています。
しかし、自費出版を行う上で気になるのが、どれぐらい儲かるのかということでしょう。
自費で出版するわけですから、最低限、その費用だけは回収したいと考えている方もいるはずです。
結論からいえば、自費出版はよほどのことがない限り、儲けが出ることはありません。
売れたとしても、出版する際にかかった費用が回収できる程度ということが多いようです。
その理由は、やはりアピール力のなさにあるといえます。
自費の場合、一般書籍と比べて、多くの方へ著書をアピールする場所がほとんどない上に、書籍として書店に置いてもらえる可能性も低くなります。
そのため、どうしても手に取ってもらう機会が少なくなってしまうのです。
ただし、最近はほとんど費用がかからず電子書籍として自分の作品を販売できるサイトなども増えていますので、そうしたところで出版し、SNSなどを活用して宣伝をすれば儲かる可能性もあるといえます。

新着情報

◎2018/4/5

本を書店に並べるには
の情報を更新しました。

◎2018/3/8

個人出版をするメリット
の情報を更新しました。

◎2017/12/14

自費出版の所得税の考え方
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

自費出版の種類について
の情報を更新しました。

◎2017/9/7

サイトを公開しました

「出版 印税」
に関連するツイート
Twitter

【城村典子の出版チャンネル】vol.34 印税で一億円?成功する著者の秘訣とは youtu.be/KcjmUvCMzIg @YouTubeより

Twitter城村典子/書籍編集者@Jomura_Fumiko

返信 リツイート 10:17

書籍の印税は一見低く見えるけど、その裏には編集さんや校正さん、製版、販促、物流…多くの方々のサポートがある。一冊の本に関わる人がそれだけ多いって事。自分でやってみれば分かる。電子書籍でも個人出版で無い限り状況はほぼ同じと思う。そこをケチった低レベルのネット記事が如何に多いか。

なんで改まらないかというと、学会の理事たちがガイドライン委員に入り、こういう出版物から印税がたくさん入る仕組みだからです。日本はアカデミアの仕組みなどについては間違いなく後進国です。こうした現状を放置してきたのもまた学術会議でしょう。ですので学術会議なんて大嫌いです。

Twitter仲田洋美 がんと遺伝子の専門医@drhiromi

返信3 リツイート58 0:16

私の場合はこんな感じです ・発売から一年以内の書籍 →書店での購入がありがたい。出版社は書店での売れ行きを重視するので、重版されたり次回作以降の企画が通しやすくなる。 ・発売から一年以上の書籍 →電子での購入がありがたい。一冊ごとの実売に対して印税が発生。しかも印税率は紙の倍近く。 twitter.com/tkasuga1977/st…

これもよくわからんな。「出版社から発送」なのに、なんで振込先は #今一生 の個人口座なんだろ? そういや本書、クラファンで浄財を募ってサバイバーへの原稿料に充てたはず。なぜ印税から賄わないのかと不思議に思ったものだが、相当にゲスいピンハネしてるんじゃないかな。letters-to-parents.blogspot.com/2017/02/blog-p…

これもよくわからん。「出版社から発送」なのに、なんで振込先は #今一生 の個人口座なんだろ? そういやこの本、クラファンで浄財を募ってサバイバーへの原稿料に充てたはず。なぜ印税から賄わないのかと不思議に思ったものだが、相当にゲスいピンハネしてるんじゃないかな。letters-to-parents.blogspot.jp

Twitterぼく自身のノオトBOT@NoteToMyselfBOT

返信 リツイート 昨日 21:13

紙と電子で紙のほうが著者がありがたいのは、紙は刷った時点で刷った分の印税もらえるので重版とかかかると直接収入に繋がるし、出版社の覚えもめでたくなる。だがそういう事情を知ってても、部屋が狭いので余程のものがない限り電子にするのは申し訳ない。もう本のために部屋を用意したりはできんのだ

返信先:@at147YME10DZPvP その後は出版社は通さず映画制作会社に直接徹底的に交渉して興行収入に比例した印税を貰う契約を取るまで戦った。 佐藤先生は時々ゴーマンな言動が叩かれるが、その裏にはそういう背景がある。

返信先:@at147YME10DZPvP 【漫画家のリアルな経済事情】映画は70億円超ヒット! 『海猿』の原作者にはいくら入るのか、佐藤秀峰本人に聞いた - ウレぴあ総研 ure.pia.co.jp/articles/-/9165 どうやら出版社が作者に無断で話を進めて勝手に契約を結ぶようですね。 「海猿」の作者も海猿2まで印税は200万円の買い切り契約だったが(続く

RT @jenif_valentine: #羽生くんの好きなところ100選 「本著の印税はすべて、被災したアイスリンク仙台へ寄付いたします-羽生結弦」 「蒼い炎」の最初に書かれています。 この本の出版は 2012年4月。 ANAとの所属契約締結は 2013年7月1日。 自分…

Copyrignt(c) 2017 自費出版をする前に All Rights Reserved.