自費出版をする前に

個人出版をするメリット

個人出版をするメリット

個人出版をするメリット 個人出版とは自費出版のことで自分自身がすべての費用を負担して本を出版することをいいます。
自費出版のメリットとしては、費用を自分自身が負担することで全責任を負いますが、そのぶん出版社や外部の影響を受けることなく自分の意志で思うような形で出版することができます。
またインターネットが普及した現代においても本を出版するということは後世に名前を残すことになるため一種のステータスとなります。
さらには通常であれば売れる見込みのない本の場合は出版社の取り扱いも難しくなりますが、自費出版ならば出版社にとってまったくリスクがないため費用さえ支払えば出版することができます。
自費出版はこれまでの人生のなかで積み重ねてきた経験や知識などを本という形で世の中に出版することで評価される可能性のある投資ともなります。
もちろん本の売り上げや知名度が上がることで今後の将来の可能性も広がっていくため客観的に評価される場としても大きなメリットがあります。

個人出版をするデメリット

個人出版をするデメリット長年書き溜めた俳句や小説を本にして世に出したいとお考えの方には、自費出版を行うという手立てがあります。
近年はパソコンやスマートフォンが幅広い年代に普及しており、活字離れが深刻化しています。
それを食い止めるために、大手出版社も門徒を広げて個人出版に力を入れるようになりました。
自費出版は写真集・小説・自伝などあらゆるジャンルの書物を出すことが可能で、専任の編集者も付いてくれるおかげで立派な仕上がりが期待出来ます。
しかしデメリットも多くあり、個人出版をしようとお考えの方は注意が必要なのでご紹介します。
個人出版を行なうには最低出版部数が決められています。
最低100冊を出版しなくてはいけない為、自分で買い取る必要が出てきます。
新聞等に広告を出すための費用は別途必要なので自費出版をするには多額の資金が必要になります。
もうひとつのデメリットは、作品の著作権は出版社が持つということです。
その為、一切印税収入が入ってきません。

新着情報

◎2018/4/5

本を書店に並べるには
の情報を更新しました。

◎2018/3/8

個人出版をするメリット
の情報を更新しました。

◎2017/12/14

自費出版の所得税の考え方
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

自費出版の種類について
の情報を更新しました。

◎2017/9/7

サイトを公開しました

「個人出版」
に関連するツイート
Twitter

Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/f3z241vk/lapartyhelpers.com/kojin.html on line 1

Warning: file_get_contents(http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%80%8B%E4%BA%BA%E5%87%BA%E7%89%88): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/f3z241vk/lapartyhelpers.com/kojin.html on line 1
Copyrignt(c) 2017 自費出版をする前に All Rights Reserved.