自費出版をする前に

本を書店に並べるには

本を書店に並べるには

本を書店に並べるには 自費出版本の制作は誰でも可能ですが、実店舗である書店に並べることは難しいと言われています。書店側がこれまでの実績から自費出版のものは売れないという認識を持っていることもありますが、どの店にどんな書籍を配本するかを決定する卸業務を行っている取次店と強い関係がある大手出版社のものでないと、思うような配本ができない事情があります。

こうした事情から置いて欲しい店に配本されない、部数が少ないといった問題が出てきますが、回避するには出版社が書店への営業機能を持っていたり、商業出版と同じ扱いで流通させることができる、大手の出版社でないと不可能です。大手出版社のように営業機能があれば自費出版であっても純粋に面白そう・売れそうだと店側が感じれば、書棚に置いてくれる可能性は高まるでしょう。

現在書籍はあまり売れなく、話題になった本や著名な人が書いた本などしか売れない現状です。本を置いたとしても返本ばかりで店側は売れ筋のものしか置きたがらないのが本音、ですから自費出版本ということではなく、売れればどの部門にも利益が出る商業出版ベースの本を置きたがります。データ配信のネット販売ではなく、あくまでも現物の本として売りたいということであれば、まず本を限定して制作し在庫を何冊か持ち管理、注文が来たらネットで販売するという方法もありますので、ここで高い評判を得て、それから大手出版社に売り込むという方法もあります。

自費出版の本はどれくらい発注すべき?

自費出版の本はどれくらい発注すべき?「自分が書いた文章を本にして残したい」
そんな願いを叶えてくれる自費出版ですが、実際どのくらいの冊数を発注すればいいか悩む方も多いことでしょう。
そこで発注数を決めるためのポイントをご紹介します。

まずは、どのくらい本が売れるか、もしくは本を渡す相手がいるかを考えます。本を売るイベントへは何回参加するか、1回のイベントで何冊くらい売れる見込みがあるか、ブログやSNSを利用している人は読者数やフォロワー数は何人か、本をプレゼントしたい友人や知人は何人いるか等を一つ一つ計算していきます。
次に印刷費です。自費出版は基本的に、印刷費は前払いになります。いくらたくさん作りたくても印刷費がなければ印刷できません。何冊作るといくらかかるのか事前にチェックしましょう。
最後に在庫を保管する場所です。本が売れない間は自分で管理することになります。本はどのくらいのページ数で、本の厚みや重さはどのくらいになるのか、段ボール一箱に何冊入るのかなどを計算し、自宅が本で溢れかえることのないよう空きスペースしっかりを考えておく必要があります。

この3つのポイントを押さえると、おのずと発注数が分かってくるでしょう。

新着情報

◎2018/4/5

本を書店に並べるには
の情報を更新しました。

◎2018/3/8

個人出版をするメリット
の情報を更新しました。

◎2017/12/14

自費出版の所得税の考え方
の情報を更新しました。

◎2017/10/3

自費出版の種類について
の情報を更新しました。

◎2017/9/7

サイトを公開しました

「出版 書店」
に関連するツイート
Twitter

Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/f3z241vk/lapartyhelpers.com/syoten.html on line 1

Warning: file_get_contents(http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=%E5%87%BA%E7%89%88%E3%80%80%E6%9B%B8%E5%BA%97): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/f3z241vk/lapartyhelpers.com/syoten.html on line 1
Copyrignt(c) 2017 自費出版をする前に All Rights Reserved.